軽井沢の山ボーイtatsuyaさんとTさんのお二人が信州から山梨遠征。一泊二日で山を巡る予定の初日は王岳です。

王岳
2019年2月2日(土)
ルート:いやしの里根場駐車場〜鍵掛峠〜▲鍵掛〜▲王岳〜いやしの里根場駐車場 ⇔ピストン

王岳
(C)ヤマプラ by 山と高原地図

軽井沢の山ボーイtatsuyaさんとTさんが信州から山梨へ遠征。

筆者と相方の4人で、一泊二日で山を巡る予定の初日は「王岳」です。

王岳は2013年9月以来なので久しぶりなこともあり、楽しみです。

王岳

さて、王岳の登山口でもある根場いやしの里駐車場でみんなとランデブー。

ここでtatsuyaさんから、鍵掛峠を回らずに王岳ピストンしませんかとの提案が。

というのも、山梨百名山をゆるり進めているので、下山後にもう一座山梨百名山である「帯那山」にも登りたいと。

我々は百名山系には全然興味がないので(笑)、一番景色の良い稜線を逃すのは勿体無い、鍵掛峠を回る王道ルートで行きましょうよせっかくですから、ということになりました。

王岳

富士五湖周辺の山は、どこからでも迫力のある富士山が見られるのがいいですね。

王岳

さて、まずは登山口に向けて舗装路を歩きます。

王岳

冬季は閑散とする観光地が多い中、西湖樹氷まつりなど冬のイベントを行うことで、一定数のお客さんを集めているようです。

王岳

根場いやしの里は、古き良き日本の原風景を復活させようと、茅葺屋根の建物を復元して2006年にオープンしました。建物の中には体験施設や食事処などがあるようです。

まだ域内を散策したことがないので、今度ゆっくりと見に来る機会を作りたいと思います。

王岳

鍵掛峠登山道入口」の案内が出ました。

王岳

いやしの里の脇を抜けるようにして、登山口に取り付きます。

王岳

鍵掛峠・十二ヶ岳・王岳、下には鬼ヶ岳の案内も出ています。

鍵掛峠から西へ進むと王岳、東へ進むと鬼ヶ岳、十二ヶ岳となります。

王岳

ここ二〜三日で積もった新雪が足に心地よいですね。

王岳

アセビのトンネルを抜けていきます。

アセビって感じで書くと「馬酔木」なんですって。知りませんでした。

王岳

美しいブナの原生林。

王岳

大きな岩が見えてきました。

これを巻くと鍵掛峠が近かったような気がしますが、
なにしろ5年以上前の記憶なので定かではありません。

王岳

鍵掛峠に到着しました。

今日は天気が良いだけなく気温が高いので、冬装備ではちょっと暑いです。

王岳

ここからは下りも入る縦走路なので、アイゼンを装着します。

王岳

鍵掛峠からの富士山。いきなり有り難い景色です。

さて、本日メインの稜線を、王岳目指して参りましょう。

王岳

と思ったらいきなりのノントレース

今日、このルートから王岳に向かった人はいないようです。

王岳

ここは雪に手練れたtatsuyaさんが先行して、道を切り開きます。

王岳

ザクザクと早いスピードで先行するtatsuyaさん。

王岳

この稜線のルートは、横を振り向けば富士が見えるので楽しいです。

王岳

振り返って写真を撮りながら進む余裕のtatsuyaさん。

王岳

うぉっと、時々吹き溜まりに膝を取られながら進みます。

王岳

「鍵掛着きましたよ〜」

王岳

こちらが鍵掛です。標高1,589m。

王岳

サラサラの新雪を踏みしめながら、そして富士山を見ながら進むのは、
なんともテンションが上がりますね。楽しいです(笑)

王岳

西湖と富士山。

雪頭ヶ岳からだと西湖が丸々見えるのですが、この西側からの眺めも風情があります。

王岳

冬季は葉が落ちるので、樹林帯の中でも隙間から富士が見えるのがオツですね。

王岳

時折全容を見せる富士山。今日はラッキーなことに天気最高です。

王岳

急登も、この素晴らしい景色を眺めながらであれば苦になりません。

王岳

アラ、吉沢山と出ました。地図には載ってない山ですね。

鍵掛よりも標高の高い1,600mの山です。

王岳

御坂山塊と富士。

「いやぁ、来てよかった」という感想が何度も漏れる絶好の日和。

王岳

王岳が近づくと、笹ヤブが増えてきます。

王岳

この笹ヤブ感、そろそろ山頂が近いのではないでしょうか。

王岳

王岳山頂に到着!

王岳

そして敬礼っ!

王岳

王岳の標高は1,623m。そして山頂には我々パーティのみ。

眼の前の富士山を独占しながら、軽くランチタイムにいたしましょう。

王岳

さて、あわよくば帯那山にも向かいましょうと下山ルートに入ります。

王岳

いやぁ、煩い、実に煩い笹ヤブです。

王岳

眺望もありません。

いやいや、もしこのルートピストンだったら王岳嫌いになるところでしたよ(笑)、
と鍵掛ルートを選択した英断を称え合います。

王岳

舗装路が顔をのぞかせ、アイゼンでは歩き難くなったので外します。

王岳

いやぁ、大満足。

王岳

駐車場到着、おつかれさまでした!

で、この後帯那山に向かいます。

その帯那山ですが、想定していた駐車場まで車で入れず、時間も遅いので今日は諦めることにしました。

甲府のワシントンホテルに宿を取ってあるので、チェックインしてシャワー浴びたらビール飲み行きましょうと、みんなソワソワ(笑)

アウトサイダー・ブルーイング

ということでやってまいりました。

甲府ワシントンホテルのすぐ裏にある地ビール醸造所、アウトサイダー・ブルーイング

2階の「Hops & Herbs」では、ここで造られたビールと食事を楽しむことができます。

アウトサイダー・ブルーイング

乾杯をして、まずは明日の山行予定の打ち合わせ。

「明日、小楢山行く予定でしたけど、帯那山林道の雪の様子からすると、たぶん林道を車で上るのは難しいかもしれませんね」なんて話をしながら。

「あ、じゃぁ蛾ヶ岳(ひるがたけ)にしません?」と。

四尾連湖(よおれんこ)って読むんですかね?のキャンプ場の駐車場から登れるので」

よおれんこではなくてしびれこだと気付いたのは翌日のことです。

アレ、しびれこってことはTVアニメゆるキャンのあの四尾連湖かしら?

などとグタグタぶりを露呈させながら、夜はふけていきました。

部屋に戻ってもれなく全員、グレートトラバース3を見ながら寝落ちしていたようです(笑)