1年ぶりの中山・にゅう周回ルート。数年ぶりに歩く面子と北八ヶ岳ならではの豊かな森をのんびりと楽しみました。

中山・にゅう
2019年11月2日(土)
ルート:白駒池入口→高見石小屋→▲中山→ ▲にゅう→白駒荘→白駒池入口

中山・にゅう
(C)ヤマプラ by 山と高原地図

以前、筆者の相方が務める某社の「ハイキング部」のイベントに、
チョイチョイ参加をしておりました。

我々は数年前に八ヶ岳の麓に移住をしてしまったのですが、

その某社の人たちと久しぶりにお会いして、

山と温泉と自然とお酒を楽しみましょう的な会を催すことになりまして。

東京から田舎に移住してしまった我々の生活にも興味があったことでしょう。

中山・にゅう

ということで、白駒池の駐車場でランデブーすることになりました。

紅葉のシーズン中は7時前には満車になってしまいますが、

11月に入り紅葉も終わっているので、8時半でもまだ駐車場に余裕があります。

それにしても今日はよい天候に恵まれました。

中山・にゅう

早速まいりましょう。

本日は筆者と相方、某社の方々4名の計6人のパーティです。

中山・にゅう

普段はほとんど歩かない人、年に2〜3回程度山を歩く人など、

足に自信が無いというメンバーも含まれていたので、

どの山やルートにするかはやや悩みました。

が、やはり北八ヶ岳の苔生した豊かな森を楽しんでいただきたいと、

ハイキングにはチョイと長めのルートではあるのですが、

今回の「中山〜にゅう」の周回コースをチョイスしました。

中山・にゅう

コースタイムで約4時間半、八ヶ岳のコースタイムは緩めに設定されているので、

9時前に出発すれば、のんびり歩いても14時前には白駒荘に到着して、

そこでランチにありつきましょうという計画です。

中山・にゅう

まずは直接、高見石小屋を目指します。

中山・にゅう

北八ヶ岳のしっとりした森の植生って素敵ですよね。

家や性格は、湿っぽいのは勘弁ですが。

中山・にゅう

そんなしっとりとした森に生えるのが「苔」ですね。

そういえば、「歴女」とか「城ガール」とかいるけど、

「苔ガール」とかって居るんですかね、みたいな話が出まして。

違いが分かりにくいので、まさに違いの分かる女、みたいな。

と思ってググってみたら、いるんですね、苔ガール。

→ コケ女子にキノコ女子 物言わぬ植物に“はまる”女性たち

中山・にゅう

ということで、高見石小屋に到着です。

中山・にゅう

おみやげを見てみると「にゅう」のバッジが売っていました。

百名山のバッジはよく見かけますが、「にゅう」とは渋いです。

中山・にゅう

もちろん、高見石の展望台にも登りますよ。

中山・にゅう

今日はバッチリ、白駒池はもちろん、

全方位素晴らしい眺望が広がっていました。

中山・にゅう

充分に眺望を堪能したので、中山に向かいましょう。

中山・にゅう

割と岩がゴロゴロしているので、

普段歩き慣れないとなかなか難儀をするかもしれません。

中山・にゅう

氷の上をおっかなびっくりすすみます。

中山・にゅう

中山の展望台に到着しました。

中山・にゅう

高見石展望台に引き続き、素晴らしい眺望です。

いやぁ、今日はラッキーです。

で、この先に中山の山頂があるのですが、

中山は山頂標を見落としやすいので気をつけてくださいね、

という話をしていたら案の定みんなで山頂をスルー(笑

呼び止めて、山頂に戻ってきました。

中山・にゅう

はい、中山山頂にて、敬礼っ!

中山・にゅう

中山山頂は眺望がありませんが、

少し進んで樹林を抜けると眺望が開けます。

中山・にゅう

このエリア独特の縞枯れ現象。

原因は特定されていないそうですが、不思議な現象ですね。

中山・にゅう

分岐点を直進すると、中山峠から天狗岳へと至ります。

左に曲がれば、今日の目的のにゅう方面です。

中山・にゅう

にゅうに向かうにつれて、だんだんと山が乾いてきます。

中山・にゅう

終始天候に恵まれ、みなゴキゲンです。

中山・にゅう

縞枯れを演出している立ち枯れた樹。

中山・にゅう

「にゅう」への道標がありますが、もうほぼにゅうですここ。

小海町は、「君の名は。」や「天気の子」でお馴染み
新海誠監督の出身地ですね。

中山・にゅう

ひと足先に、山頂へ登って下を見下ろしたところ。

にゅうは山頂標が無いので、

三角点を山頂標として写真を撮る人が多いようです。

中山・にゅう

ということで白駒池をバックに、敬礼っ!

中山・にゅう

富士山も見事に見えています。素晴らしい。

中山・にゅう

せっかくなので、みんなで集合写真をパチリ♪

中山・にゅう

さてさて、にゅうの山頂も堪能したので、

白駒荘のゴハンを目指して一路下りましょう。

中山・にゅう

にゅうの森。

そうそう、「にゅう」って、いろいろな表記があって面白いですよね。

中山・にゅう

まぁそれはともかくとして、まずはゴハンですね。

頭の中で、ルパン三世のテーマ(初代)のルパンがゴハンに置換されて鳴っています(笑

中山・にゅう

ゴハン♪ ゴハン♪ ゴハン〜♪ ゴハン♪ ゴハン♪ ゴハン〜♪

中山・にゅう

白駒池の水面が見えてきました。

中山・にゅう

ようやく白駒荘に到着。

予定よりもだいぶ押しました。時刻は15時。

さすがにランチは終了でしょうかね。

まぁダメ元で、やってたらラッキーという心持ちで。

中山・にゅう

やったー「営業中」ですって。ラッキー池田(・∀・)

これでようやく、ゴハンにありつけますね ♪

早速、中へと参りましょう。

「ごめんくださーい♪」

中山・にゅう

終了〜

ランチタイムは終了していました(´・ω・`)

中山・にゅう

紅葉も終了しいています(´・ω・`)

残る選択肢は、駐車場の売店でカップ麺を食しましょうか、

という落とし所で話がまとまりました。

中山・にゅう

休憩込みで6時間半の山行。思ったよりも長丁場になりました。

みなさん、おつかれさまです!

中山・にゅう

お待ちかねの信州限定のホームラン軒。

全員がスープを飲みきりました(笑

このあとは温泉と、楽しい宴が待っていますよ♪