買って失敗しないのか中華製

いわゆる中華(メーカー)製の格安ワイヤレスマイク。

国産ものでもMADE IN CHINAは当たり前ですが、
ハンドリング by JAPANの品質と比較すると不安の残るところ。

果たして買って失敗しないのかと心配な諸兄も多いことでしょう。

ということで中華製の格安ワイヤレスマイクである、
AlvoxconのUHFワイヤレスマイク」を買ってみました。

まずは、こちらのレビュー動画をどうぞご覧ください。

結論から言えば「買い」なわけですが、

動画では触れられなかった点についていくつか。

業務用でも使われるUHFのB帯を使用

たまにセミナーの撮影とか頼まれるんですけど、

そんな時はワイヤレスマイクはレンタルするんです。

こんなんですね。

こちらはSONY UWP-D21ですが、実売価格6万5千円ほどです。

レンタルすると3,000円/dayです。

これは免許のいらない、800MhzのいわゆるUHFのB帯なんですが、

これと同じUHFのB帯を使っているのが、

このAlvoxconのUHFワイヤレスマイクシステムなんですね。

2.4Ghzのものと比べて電波干渉の心配が少ないこと、

また電波の回折性も高いので音声が途切れる心配も少ないんです。

プラグインパワー対応のミニジャック搭載送信機

中華製のワイヤレスマイクの多くは、送信機とマイクが一体型になっています。

配線の手間が省ける一方、マイクのキャラクターが好みでない場合、
どうしようもないのが実情です。

ところがこの「AlvoxconのUHFワイヤレスマイク」なんですが、

マイクと送信機が別々になっていて、

送信機にはプラグインパワー対応の3.5mmミニジャックがついています。

つまり同梱のマイク以外にも、手持ちのピンマイクや、

あるいはハンドマイクなども接続できるんですね。

モノラルなので、ステレオマイクなどはモノラルに変換されますが、

音声収録の目的であれば、ステレオで収録することは少ないでしょう。

受信機2個セットもある

送信機1個に対して受信機が2個のセットがあるんです。

これを使うと、例えばセミナーや講演会といったシーンで、

1台はカメラの音声入力に接続、

もう1台を会場のPA卓に接続することで、

ワイヤレス拡声マイク兼カメラマイクとして使えます。

長時間使用に対する信頼性がどこまであるのか、

実際の利用における検証はこれからになりますが、

本気(まじ)で使えるとなると、これはもう手放せませんね(^^)