伊豆半島に3つある一等三角点を有する山のひとつ、暗沢山。3つしかないのですね、伊豆半島の一等三角点って。意外と少ないです。

暗沢山(静岡県南伊豆町)
2017年1月3日(月)
ルート:岩科〜指川峠〜大峠〜▲暗沢山〜小峠〜山口〜岩科

伊豆半島に3つある一等三角点を有する山のひとつ、暗沢山

3つしかないのか、というのが正直な感想ですが、
あとの2つは、百名山でもある天城山(万三郎岳)と、達磨山です。

まぁ特に三角点に想いは無いのですが、
今年はできるだけ、登ったことのない山に登ろうと思っています。

暗沢山は山頂まで車で登ることもできるようですが、
それでは意味がありませんので(笑)歩いて登りますよ。

暗沢山

重要文化財でもある岩科学校から川向こうを少し入ったところに、登山口があります。

長者ケ原までは2,800mとあります。
暗沢山は、長者ケ原の手前の分岐からすぐなので、
距離的に長者ケ原に近いと思います。

暗沢山

しばらく、舗装された林道を進みます。
もう随分と使われていない風情です。

暗沢山

山道に入ります。

人が入っていない感満載です。
ここまで踏まれていない山を歩くのは久しぶりですね。

暗沢山

山神さま。

お供えがされていたので、定期的に人が入っているのかもしれません。

暗沢山

このあたりは、なかなか素敵な雑木林です。

足元も、歩きやすくなっています。

暗沢山

道標がありました。登山口からちょうど1,000mです。

ここまで車で登れそうな道がのびていて、
少し進んだ先には、別荘がありました。

なるほど、ちょいちょい、車が入れるルートがあるのですね。

暗沢山

竹林もあります。竹林って、雰囲気が好きです。

暗沢山

なつかしいファンタオレンジの缶。
二十歳くらいまでは、好きでした、こういう毒々しい味(笑

そういえば、炭酸飲料飲まなくなって、随分と経ちます。

たまには子ども心に立ち戻って、こういうのを飲んでみると、
忘れかけていた何かを思い出すかもしれません。

暗沢山

植林を抜けます。植林はつまらないですね(笑

雑木林はそれぞれが個性的で、それでいて調和していて、
今後の日本のあるべき姿を体現していると思います。

暗沢山

大峠の分岐です。

特に「暗沢山」への案内は無いのですが、長者ケ原ではないほうに進んで、
林道(車道)を登った先が、暗沢山の山頂のようです。

あとで気付いたのですが、獣道にように見えたところを登っていくと、
林道へショートカットすることができました。

暗沢山

こちらが林道です。

ここ、車で登れてしまうので、要するに山頂まで車で登れるんです。

三角点だけ制覇したい人は、車でアクセスすると、早いですね。

暗沢山

そんな一等三角点のある暗沢山山頂にて、敬礼っ!

暗沢山の一等三角点

こちらが伊豆半島に3つしかない貴重な一等三角点。

暗沢山

山頂からの眺めは、なかなか素晴しいですよ。

暗沢山

ただ、振り返るとNTTの中継アンテナがそびえ立っています。

暗沢山

こちらは長者ケ原。

なんとなく、長者っぽい雰囲気が漂います。

暗沢山

下りはもう一本のルートから下りてみたのですが、
こちらも負けじと人が入っていない雰囲気です。

まぁ、長者ケ原や暗沢山へ登るのであれば、
車を活用すれば話が早いわけですから、わざわざ登る人も少ないのかしれません。

暗沢山

里へと下りてきました。

ここから少し里歩きをして、車を駐車した地点に戻りたいと思います。

暗沢山

車、見えましたよ。

おつかれさまでございます!