2009年5月。別に山に登ろうと思ってないのにいきなり訪れた多峯主山。すべてはここから始まった、ある意味原点の山が多峯主山です。

多峯主山(埼玉県飯能市)
2016年10月29日(土)
ルート:飯能市民会館駐車場〜▲天覧山〜▲多峯主山 ⇔ 往復

2009年5月。別に山に登ろうと思ってないのにいきなり訪れた多峯主山(とうのすやま)。
もちろん山歩き前提ではないので、手ぶらで、ちょっと歩きやすい靴は履いていたけれど。
そんな、なんの予兆も無い状況で、午後、突然登った多峯主山。

GT Mountain.

すべてはここから始まった、ある意味、原点の山(GT Mountain.)が多峯主山です。

あれから、7年半が経とうとしています。

歩き始めから4年間くらいは、年間52週末のうち48週末は山に登りました(笑

5年目からは、少し落ち着きましたが、それでも、
最も少なかった昨年度でも、38山行ほどは行っているようで、
なんだかんだ、山が好きなんですね、きっと。

そんな、山歩きを始めるキッカケとなったのが、この多峯主山。

標高はわずか271mと、まさに里山といった趣で、
地元の人が犬の散歩に訪れる程度の、あるいは小学校の遠足で登られる程度の、
そんな山です。

でも、自分にとっては、まさにここが原点なので、
年に1度は初心に帰る意味も含めて、登るように心がけています。

多峯主山

市民会館前の駐車場は、まさかの満車でした。もうすぐお昼なのに、です。

駐車場が空くのを待つこと15分、散策から戻った車が出庫したので、
入れ替わりで車を収めて出発。

まずは、定番の能仁寺を訪れました。
相も変わらず、素敵な作りの庭ですね。300円で、庭園と本堂を拝観することができます。

お時間が許すようでしたら、ぜひ拝観をオススメします。

多峯主山

こちらは天覧山の中段。トイレも完備されいます。

多峯主山

こちらは、十六羅漢。

徳川五代将軍綱吉の病気平癒のお礼に、生母桂昌院が十六羅漢の石仏を奉納したそうです。

多峯主山

天覧山到着。

そこそこ、賑わっています。
ここで引き返しちゃう人もいるみたいです。

多峯主山

天覧山から下ったところ。
以前からですが、まむしに注意です。

今回、まむしには会いませんでしたが、ハリガネムシには会いました。
宿主の脳に司令を出し、自殺までさせてしまうという恐ろしい寄生獣ハリガネムシ。

このハリガネムシ、人間にも寄生することがあるようです。恐ろしいですね。

多峯主山

こちらは見返り坂。
源義経の母・常盤御前が、あまりの景色の良さに振り返り振り返り上ったとされる坂です。

歴史を感じます。

多峯主山

そしてこちらは、いまだかつて枯れたことのないと言い伝えられる「雨乞池」。

鯉と見紛うほどの、大きな金魚がトレードマークです。

金魚は、小さな鉢に収めると大きくならないのですが、
大きな水槽や池で育てると、とても大きくなるのです。

人間もきっと同じで、小さな水槽に閉じ込められると、大きく育たないことでしょう。
ある意味、いまの日本を象徴しているかのようです。

多峯主山

以前にはなかった、立派なバイオトイレが完備されていました。

多峯主山

多峯主山山頂に到着です。

老人会のような団体様が記念撮影をしていました。
みなさん、お元気ですね。

多峯主山

GT Mountainである到着山頂にて、

敬礼っ!

多峯主山

思い出のコーナーベンチ。

多峯主山の、個人的象徴です。

多峯主山

そして、下山後に立ち寄ったのが、ラーメン屋の「百列軒」

数年前にたまたま立ち寄ったのをキッカケに、
多峯主山とセットで訪れるようになりました。

ここの「オロチョン」がおすすめです。

北海道出身の友人が、「いやぁ、地元と同じ味がする」と、
家族で定期的に通うほど。北海道にゆかりのある方にはオススメです。

おつかれさまでした!