みなさん、ごきげんいかがですか。

さて、ひと昔前であれば、
「1日3食規則正しく食べる」のが健康のため、
といった常識・風潮がありました。

しかし昨今は、
1日2食がいい、あるいは1日1食がいい、など、
「健康のための1日3食以外の選択肢もある」
といった言説も多く見られるようになりました。

どの説も、もっともらしく見えますが、
いったい、何を信じればよいのでしょうか。

結局、1日何食が健康にいいの?

果たして実際に、
1日何食が健康のためによいのか。

ズバリ、お答えしましょう。

「1日何食がいいのか。それは、人それぞれ!

そう、人生いろいろ。人それぞれです。

そんなことを言ってしまうと身も蓋もありませんが、
万人向けの食事法というのはありません。

大切なことは、
「その人に合っているか」ということです。

もしあなたが、現在、
毎日をイキイキと健やかにすごしているとしたら、
それがあなたに合った食事回数です。

もちろん、食事だけが要因ではありませんが、
食は身体を作り、そして心を作る大切な要素。

ウキウキ、ワクワク、毎日が楽しい。

そんな素敵な毎日をすごすアタナにとって、
いまの食事回数は「ベスト」です。

これからもぜひ、心身ともに健康で、
素晴しい人生を送ってください。

食事の回数を見直してみる

もしあなたが、現在、
何となくダルい、毎日が憂鬱、
朝の目覚めが悪い、最近太ってきた…

など、「ベストではない」と思う節があれば、
食事の回数を見直す、よいチャンスかもしれません。

特に、現在主流である
「1日3食」という食生活を送っている場合、
新しい方法を試してみる価値はあるかと思います。

ズバリ、言いましょう。

毎日3食、必ず食べなくても大丈夫!

そうなんです。毎日3食たべなくても、大丈夫なんです。

習慣で食事をしていませんか?

朝、それほど食欲がないけどかき込むように食べる、
昼、まだ朝食を消化しきれてないけど時間だから食べる、
といったような生活をしているとしたら。

朝食・昼食どちらかを抜いてみる、
あるいは、軽めにしてみてください。

朝、それほど食欲がなければ無理して食べない。
昼、お腹が減っていなければ、飲み物だけにしてみる。
といった感じです。

この時、大切なことは、「1日●食」と決めないことです。

「1日2食」と決めて、
お腹が空いているのに我慢して食べない、
あるいは逆に、お腹が空かないのに無理して食べる、
というのは本末転倒です。

あくまで、自分の「身体の声」に耳をすませる

そして、身体が食べたいと感じた時に食べる。
身体が食べたくない時には、無理して食べない。

これが、あなたの身体にとって最適な食事です。

そしてもしあなたの常識に、
1日3食たべないと「いけない」という考えがあるとしたら、
その呪縛から、解き放ってあげてください。

ズバリ、言いましょう。

毎日3食、必ず食べなくても大丈夫!

そうなんです。毎日3食たべなくても、大丈夫なんです。

そうはいっても規則正しいほうがよいのでは?

おっしゃるとおりです。グウの音も出ません。

ベースになる食事回数は、自分の生活リズムに合わせて、
決めておくといいと思います。

そして、例えば1日3食が基本だけれど、
それほどお腹が空いていなければ無理して食べない。

例えば、1日2食を基本にしているけど、
お腹が空いた日には3食たべる、
といったユルさを持たせておくとよいと思います。

特に、習慣を変えたばかりというのは、
以前の習慣を引きずってしまいがちなものです。
無理をしないようにしましょう。

ただし、現代人は食べ過ぎのケースが多く、
過食が万病の元となっている可能性もあるので、
食べ過ぎよりは少食をおすすめします。

食事の回数を減らさなくても、腹八分目を意識する。

あるいは、現在1日3食の食生活の人は、
ためしに1日2食を「基本」にしてみるのも
よいかもしれません。

1日1食ってどうなの?

1日1食ブームの火付け役といえば、
医師の南雲吉則氏でしょう。

Dr.ナグモが大変身! 奇跡の家トレ (1日3分で体は変わる!)

還暦でこの若々しさ、
たしかに「私が証明です」と言われれば
グウの音も出ません。

自分の身体と生活リズムに合うようであれば、
1日1食でもよいと思います。

ただ、現在1日3食の人が
いきなり1日1食にするのはかなり大変ですし、
無理に1食にする必要もまったくないでしょう。

もし、直感的に、
1日1食にしてみようかな、と思った場合、
まずは1日2食を基本にするとよいと思います。

ちなみに筆者の話をすると、
18年ほど前から1日2食(朝食抜き)を基本にして、
最近1年は1日1食か2食になっています。

すでに、1日●食というこだわりがないので、
1週間に10食(夕7・昼3)くらいといった感じです。

そんな適当な食事回数でアンタ健康なの?

筆者個人については、
別に興味が無い人がほとんどかと思いますが、
食事回数を減らすことで健康を手に入れた実例として、
少しご紹介したいと思います。

18年前、当時二十代後半でしたが、
身長174cmで体重88kg、ウェストは99cmのビール腹。
ついでに体脂肪率は33%と不健康のゾロ目揃い。

健康診断の数値はヒドいもので、
二十代でこれだと、このままいったら成人病で死にますよ
と毒舌の医師に罵られました。

当時、朝からカツカレーとか喰ってたのですが、
一念発起して、書店に足を運んだのです。

そして、たまたま手に取った甲田光雄氏の著書、
「奇跡が起こる半日断食」をキッカケに類書を読み漁り、
すぐに朝食抜きの生活をはじめました。

奇跡が起こる半日断食―朝食抜きで、高血圧、糖尿病、肝炎、腎炎、アトピー、リウマチがぞくぞく治っている! (ビタミン文庫)

そして1年後。

絶望的だった健康診断の数値が、
なんとすべてA判定になっていたのです。

もちろん、検診の数値がよいイコール健康とは言い切れませんが、
数値が悪いよりは健康といっても差し支えないでしょう。

体重は76kg、ウェストも86cmまで痩せました。
1年間でこの変化は劇的でした。

それ以来18年間ずーっと、診断結果はオールAです。

現在の体重は64kg、タニタの体組成計によると、
体内年齢は実年齢よりひと回り(12歳)は若く表示されます。

やったことといえば、「朝食をやめただけ」です。

もちろん、万人に当てはまる話ではありませんが、
「過食よりは少食」のほうが、健康には「よさそう」
ということは実感しています。

また、1日何回食べるかよりも、
「何を食べるか」そして「何を食べないか」
ということも重要でしょう。

その話は、また次の機会に。

まとめ

●1日3食にこだわる必要はない
●「身体の声」に耳をすませる
●過食よりも少食
●人生いろいろ 人それぞれ