21回目となる蓼科山です。昨年の2月に登ったのが最後なので、ずいぶんと間があいてしまいました。またチョイチョイ足を運びたいですね。

蓼科山
2020年10月14日(水)
ルート:七合目登山口〜天狗の露地〜将軍平(蓼科山荘)〜▲蓼科山 ⇔ピストン

蓼科山
(C)ヤマプラ by 山と高原地図

もうずいぶんと登っていないよなぁ蓼科山。

と思って過去ログを調べてみると、前回登ったのは2019年2月

1年8ヶ月ぶりです。

まぁ通常の山なら、それほどのスパンでもないのですが、

実は今回21回目の蓼科山で、よく登っている山だけに、

1年以上間があくと、すごい久しぶりの印象を持つわけです。

大河原峠から登るのもいいかなぁなんて考えましたが、

残念ながら通行止め。

蓼科山

台風による災害によって道路が崩落し、復旧するならまだしも、

ローカルな山の場合はなかなか復旧の目処が立たない、

なんてケースも散見されます。

好きでチョイチョイ訪れていた200名山の御座山もそのひとつ。

残念ながら、復旧の目処が立っていません。

蓼科山

ということで早速まいりましょうか。

本当に久々の印象ですね。前回は積雪期。

というか無雪期の蓼科山を登るのは、たぶん4回目かと。

あとは全部、積雪期です(笑

蓼科山

さすがに紅葉はもう終わっています。

落葉をふみしめながら、歩を進めます。

蓼科山

美しい落ち葉の絨毯。

まだ、色づいた葉を残している樹々もありますね。

蓼科山

「将軍平へ」の案内板。

雪がないと、アッという間にここまで到達します。

蓼科山

せっかくなので、天狗の露地に立ち寄りましょう。

蓼科山

うーん…

やっぱり何も見えませんね。

ちなみにピーカン時だと↓こんな感じの景色がお目見えします。

蓼科山

ヒャッハーっ!

蓼科山

まぁでも、こうしたしっとりした日も、味わいがありますよ。

蓼科山

将軍平が見えてきました。

蓼科山

蓼科山荘到着。カレーの写真がおいしそうなんです。

蓼科山

お、売店で8Peaksブルーイングのビールを扱っていました。

地元のマイクロブルワリーのビールが

山の上で飲める(今日は飲まないけど)のは、いいですね。

蓼科山

ここ将軍平から蓼科山頂までは、無雪期であれば30分といったところでしょうか。

意外と、近いんですよ。

蓼科山

積雪期は、この岩がぜんぶ雪の下に埋まります。

道の印象が、積雪期とまったく違いますね。

けっこう大きな岩がゴロゴロしている岩場道が続きます。

蓼科山

頂上まで五分の案内です。もう、すぐですね。

蓼科山

蓼科山頂ヒュッテに到着。

やはり、天候は回復しませんでしたか。

蓼科山

山頂は完全に雲の中。これはなかなか。

山頂から、蓼科神社の奥宮すら目視できない状況です。

場所は分かりますので、挨拶にいきましょう。

蓼科山

蓼科神社奥宮です。

今日も無事登頂できました。ありがとうございます。

蓼科山

ということで、山頂にもどってはい、敬礼っ!

蓼科山

この天気ですので、そそくさと下りましょうか。

蓼科山

下りしな、ほんのいっときですが、

雲の隙間から紅葉が見えました。

蓼科山

手軽に登れる、いい山ですね、蓼科山。

蓼科山

今日もありがとうございました。

今シーズンもまた、冬期に登りにきますよ。

でもって、帰りに温泉に立ち寄ったんです。

いつもは音無の湯に寄るんですけど、今日はメンテでお休みとのこと。

検索をして、「小斉の湯」に立ち寄りました。

2014年までは宿として営業をしていたようです。

ここのお湯、とてもいいですね。酸性泉だそうで。

土日は混むこともあるようですが、

平日の今日はのんびりと堪能することができました(・∀・)