最近、登山に赴くペースが落ちています。おかげさまで筋肉も落ちています。冬に向けてもうちょい歩かないと。

編笠山
2019年10月15日(火)
ルート:観音平 〜 雲海 〜 押手川 〜 ▲編笠山 ⇔ピストン

編笠山
(C)ヤマプラ by 山と高原地図

1ヶ月ぶりの山行は、1年ぶりの編笠山です。

編笠山

編笠山の登山口でもある観音平駐車場。

土日ともなれば、停められない車が路肩にあふれるという、
八ヶ岳をはじめ人気のエリアではよく見られる光景なんですが。

今日は火曜日、平日のうえに天気もいまひとつ。

さらには、台風19号の影響で、
中央高速が大月〜八王子間が通行止め、
特急あずさも月内は運行休止ということで、
東京方面からのアクセスが遮断されてしまっているのです。

編笠山

編笠山

被災された方々にはお見舞い申し上げます。

実は筆者も仕事で定期的に東京に足を運ぶのですが、
この状況で閉じ込められてしまい、困っております。

そんな状況ですから、駐車場には車が8台。

山行に限ればの話ですが、静かな山行を楽しめそうです。

編笠山

さっそく参りましょう。

前回編笠山に登ったのは去年の8月だったので、
1年2ヶ月ぶりですね。

編笠山

今回の台風で木が折れてしまっています。

山では、少しづつ紅葉もはじまっています。

編笠山

おなじみのピエロ岩は健在です。

世紀単位で森を見守ってきたことでしょう。

編笠山

まだ紅葉ははじまったばかりですが、きれいですね。

編笠山

「雲海」に到着です。

とはいえ、ここから雲海を望めたことは過去に一度しかありません。

編笠山

このエリアではおなじみの、カラ松と笹のコンビネーション。

編笠山

押手川が近づくと、苔生した岩が増えてきます。

もののけ姫の世界ですね。

編笠山

こちらの紅葉も美しい。

編笠山

台風によって浄化されたのか、今日の森は一段と神気が高いです。

編笠山

押手川に到着しました。

ここまで、誰とも会っていません。

編笠山

時折雲のすき間から、陽光がふりそそぎます。

編笠山

今日は肌寒いコンディションなので、陽の光はうれしいですね。

編笠山

瑞牆山でしたら、この梯子を登ると山頂はすぐそこなんですが、

編笠山は、ここからもうちょい登る必要があります。

編笠山

山頂直前がストローク大きめの岩場になるので、ペースを乱されがちです。

編笠山

振り返ると、紅葉がはじまっているのがわかりますね。

編笠山

おなじみ、青年小屋の看板。台風にもめげずに残っていました。

編笠山

山頂にて、ようやく人に遭遇。女性の2人組でした。

編笠山

編笠山山頂にて、敬礼っ!

編笠山

風が強いので、山頂から離れたところで風を避けながら休憩。

編笠山

青年小屋周りのルートは、けっこう水が出ていそうなので、
ピストンでもどります。

編笠山

下り始めると、徐々に天候が回復してきました。

編笠山

苔生した岩座を抱くように樹が生えています。

登りではあまり気づかないのですが、下りではよく目につきます。
実にいい雰囲気ですね。

編笠山

押手川に到着するころには、陽射しがあふれるほどに天候が回復しました。

編笠山

うーん、もうちょい後ろに登るべきだったか。

山の天気は分かりませんね。

編笠山

雲海に到着。陽は出ているものの、雲が晴れないので眺望はありません。

編笠山

駐車場に到着。結局、スタート時と車の台数は変わらず。
静かな山行を楽しむことができました。

ただ、これだけ山行の頻度が落ちると、
明らかに筋肉も落ちているのがわかります。

冬に向けて、もうちょいこまめに歩けるようにしたいですね。