守屋山は「山と高原地図」に載ってない山なんです。山としては載っていないのがおかしいと思えるいい山ですが、収録エリアの都合なんでしょうね。

守屋山
2019年2月17日(日)
ルート:守屋神社〜守屋山東峰〜▲守屋山〜立石コース〜立石登山口〜守屋神社

守屋山。

ヤマプラの地図を載せようかと思ったのですが、そもそもヤマプラのベースである「山と高原地図」に掲載されていない山なので、国土地理院の地図を掲載。

紙版の山と高原地図に掲載しないのは仕方ないとして、オンラインのヤマプラには載せてもらえると嬉しいですよね。それなりに愛され、多くの人に登られている山なのですから。

さて、前回は定番の杖突峠から山頂に登り、間違えて松尾峠のほうに降りちゃって、ひたすら舗装路の国道152号線を杖突峠まで歩いて戻るというヘマをやらかしました。

今回は、その間にある守屋神社から登り、立石コースを下る周回ルートの計画を立てました。

これで、一応守屋山の登山ルートはコンプリートとなります。

守屋山

さて、守屋神社にやってまいりました。

守屋山

まずは本宮に参拝。

登山をすれば必然的に奥宮も参拝することになります。

守屋山

さて、まいりましょう。

入山禁止」の立て札をあちこちで目にしますが、これは登山禁止ということではなく、「山菜・きのこ等採取の目的」での入山禁止という意味です。

ですので、登山に来る方はビクッとしなくても大丈夫。

守屋山

神社脇から少し登ったところ。「表参道登山口」とあります。

山に登って奥宮に参拝する、というのが本来の参拝ですね。

守屋山

鳥居をくぐって奥宮を目指します。

守屋山

雑木の美しいルートです。

長野というよりは、どちらかというと山梨で見かける雑木林の趣です。

守屋山

意外と急登が続きます。

実際にはそれほどキツイ傾斜ではないのですが、足を常に斜めに置く道なので、体感急登度が高いのでしょう。

守屋山

少し脇道にそれると、水場があるようです。

枯れていそうなのと水は充分にあるのでスルーします。

守屋山

守屋山東峰の案内が出ました。

道はきれいに整備されており、踏まれているので迷う心配はありません。

守屋山

尾根に近くなったあたりで、ようやく雪が少し出てきました。

守屋山

「刀傷痕の岩」です。「神剣を山に納める時傷つけたという」とありますが、誰が言ったのかは定かではありません。

守屋山

空が近くなってきました。もうすぐ稜線の雰囲気です。

守屋山

稜線に出ました。ここに「東峰」の標識がありますが、実際の東峰山頂はもう少し東寄りにあります。

守屋山

守屋山は「西峰」になるのですが、まずは守屋神社奥宮に参拝しましょう。

守屋山

こちらが守屋神社奥宮です。

賽銭泥棒をする不敬の輩から守るためか、厳重に囲われています。

守屋山

この守屋神社奥宮からの景色もなかなかですよ。

守屋山

さて、折り返して本丸の西峰に向かいましょう。

守屋山

このあたりはけっこう踏まれている影響もあって、凍結しています。

アイゼンは着けずに行きますが、ちょっと気を使う場面でもありますね。

守屋山

山頂のラビットハウスが見えてきました。

守屋山

こちらがラビットハウス。
御年80代の常連の御医者さんがコーヒーを振る舞ってくれるそうです。

守屋山

山頂が見えました。

守屋山

守屋山山頂に到着です。諏訪湖の眺めが素敵ですね。

守屋山

守屋山山頂にて、敬礼っ!

守屋山

山頂からの眺めが素晴らしいですね。特に諏訪湖を見下ろす景色が素敵です。

守屋山

今日は久々に、山頂カップ麺タイムです。

若干風が寒いですが、座ってカップ麺を食べる余裕があるわけですから、冬山としては暖かい証左でしょう。

守屋山

さて、山頂も少しにぎわってきたので、そろそろ下ります。

守屋山

こちらは「元気になる木」。根本には観音像が祀られています。

守屋山

こちらは東峰山頂。

守屋山

諏訪湖の眺望は西峰のほうがいいですね。

守屋山

さて、ここが立石コースと杖突コースの分岐点。

右に降りると立石コースとなります。

守屋山

下り始めは笹ヤブです。これが続くのは好みではありませんが、それほど長くは続きません。

守屋山

意外と早く笹が切れてホッとひと息。

守屋山

四等三角点のある「前嶽」まで3分とあります。

我々はピークハンターではないので、ここはスルー(笑

守屋山

しばらく進むと、「百畳岩」という場所に到着。

守屋山

「鬼の見張り台」との触れ込みです。なかなかの眺望。

守屋山

ここでコースが分岐します。

「岩見コース」という色々な岩が楽しめるコースと、そうでないコース。

当然、岩見コースをチョイスします。

守屋山

こちらは「鬼ヶ城」。

守屋山

こちらは「親子岩」。他にも色々な岩がありました。

里山あるあるですが、「名前がついている岩の割に大した事ない」。

守屋山

ただ、こちらの「立石(たていわ)」はなかなかの存在感。

ここからの眺めも良好です。

守屋山

そしてこちらは「一人静道」。

守屋山

まさにその名のとおりの、静かな山歩きが楽しめます。

守屋山

立岩コース登山口の標識を抜けると、舗装路に入ります。

守屋山

「リゾート 清流の森」と朽ちた看板。

小さな別荘エリアですが、どれも現在は使われていない面持ちです。

守屋山

国道152号線が見えました。

守屋山

ここからは舗装路歩き。下りなので楽ですね。

前回の舗装路歩きは登りっぱなしで1時間近くもあったので、なかなか苦痛でした。

守屋山

とはいえ、やはり山道に比べると舗装路は楽しくないですね(笑

守屋山

守屋神社に到着しました。おつかれさまでした!