ゴンドラで登れちゃうなんとなくチャラいイメージから避けてきた入笠山に、なんとなく登ってきましたYO。

入笠山(長野県)
2015年12月5日(土)
ルート:沢入登山口〜入笠湿原〜▲入笠山 ⇔ ピストン
→ヤマケイの地図はコチラ

12月某日。某日っていうか5日なんですが、
ゴンドラで登れちゃうなんとなくチャラいイメージから避けてきた入笠山に、
なんとなく登ってきました。

今回、初登頂です。

お膝元のスキー場、富士見パノラマリゾートは今日からオープンだそうです。
雪、あるんですかね。

入笠山

沢入登山口の駐車場にやってまいりました。

8時を過ぎていましたが、先着車は1台のみ。
短時間で登れる山なので、もっと遅めにスタートする人が多いのでしょう。

路面は一部凍結しており、当たり前だのクラッカーですが、
スタッドレスタイヤは必須です。

そうそう、スタッドレスタイヤ必須の時期になると、
中央自動車道は空きますよね。

逆に、スキー場が首都圏から近距離に多く集まる関越道は、
ウィンタースポーツの季節になると混みます。

ですから、中央自動車道が空いてくると、
ああ、もう冬なんだなぁと感じるわけです。

この季節、山梨〜長野方面へ出かける機会が増えます。

入笠山

少し登ったところにあった施設。

施設名が「関係者以外立入禁止」となっていました。
どんだけ立ち入って欲しくないんだろう、と思える施設名です。
実は、とんでもないものが隠された施設なのかもしれません。

あ、ここは富士見町になるんですね。

入笠山

入笠湿原に出ました。なかなか素敵な湿原です。
どこかで見た景色かと思ったら、櫛形山のアヤメ平によく似ています。

実は入笠山という山にあまり期待をしていなかったのですが(笑、
思ったよりもいい山で見直しました。
見直すというと初めて登るくせにアレですが。

入笠山

雪に化粧を施された湿原もいいですね。
紅葉の季節や花の季節などは、きっと賑わっていることでしょう。

ゴンドラで山頂駅まで上がって、
スノーシューで山頂まで歩くコースが人気のようですが、
初めてのスノーシューにはちょうどいいかもしれません。

ちなみに筆者愛用のスノーシューはMSRのものですが、
フレーム全体が歯になっているので、
特に斜度のある登山道やトラバースなどのシーンでは、
俄然威力を発揮します。

レンタルのスノーシューとかですと、
浮力はあるけど抑止力がなくて、苦労したことがあって、
やっぱり道具というのは大きいなと思いました。

入笠山

そして、思ったよりも雪が積もっていましたよ。

この新雪を踏みしめる感触は、とってもいいですね。

ククリ ククリ コフッ コフッ

といったあの感じ。
片栗粉を握りつぶしても、似たような感じを体感することができます。

そして念のため軽アイゼンをザックに忍ばせてきたのですが、
今日のところはまだ出番はありませんでした。

入笠山

山頂手前の登りはそこそこの斜度があるので、
中途半端に積もった雪の上をノーマルシューズで登ると足を取られます。

ただ、アイゼンつけるほどではありません。

そういえば、昨年からチェーンアイゼンを導入し、
フルアイゼン、軽アイゼン、チェーンアイゼンと使い分けをしているのですが、
チェーンアイゼンは雪が深いところでは使えません。

というのもチェーンに雪がついてしまい、
その雪が雪を呼び込んでどんどんと足が重たくなって、

「ドクター中松かよ!」

とツっ込みたくなるような、
スーパーピョンピョンばりの雪の塊が足裏についてしまうのです。

逆に雪が少なめで岩場が多い瑞牆山、なんてときには、
チェーンアイゼンは威力を発揮しますね。

入笠山

そんなこんなで、入笠山山頂到着です。

敬礼っ!

雲が晴れていれば、360度のスペシャルな眺望を拝めるようですが、
残念ながら今日はガッスガスです。

そしてそれなりに風が吹いているので、
体感温度は結構低めですね。

入笠山

チラリと八ヶ岳方面の雲が晴れましたが、
八ヶ岳自身は厚い雲に覆われています。

眼下にひろがるのは、長野県富士見町一帯です。

その富士見町と茅野市に挟まれて原村という小さな村があるのですが、
ここにある「たてしな自由農園」は、わりと好きです。

隣接して、レストランもあるんですよ。食べたことないけど。

入笠山

凍てつくような寒さ、というか実際に凍てついちゃってるわけですが、
こんな寒い中でも、小さな実を結んでいる植物がありました。

植物には明るくないので、なんの実なのか分からないですが、
なみなみならぬ生命力を感じますね。

入笠山

入笠山の山小屋、マナスル山荘の番犬です。
犬なのに「コハダ」という名前だそうです。

最近、寿司屋への足も遠のいていますが、
たまには寿司食いたくなりますね。

表に「焼きたてパン」のノボリ旗がはためいていたので山荘に立ち寄ると、
まさに焼き上がったばかりのクロワッサンなどが売られていました。

焼きたてのクロワッサンを購入し、温かいお茶をいただいて、
のんびりとした時間を過ごしました。

ちなみに下りでは、10組とすれ違いました。
紅葉シーズンとスノーシーズンの狭間という閑散期にしては、
多い登山者ですね。

気軽に登れるのが人気の秘密かもしれません。
季節を変えて、また登ってみたくなる入笠山でした。