猫越岳(静岡県 伊豆市 1035m)
2013年8月16日(金)
ルート:仁科峠~▲後藤山~▲猫越岳~猫越峠 ⇔ピストン

盆暮れは西伊豆に居るので、地元の山に登ることがあります。
今日は久々の猫越岳。2011年の冬以来おとずれます。

猫越岳には、仁科峠からアクセスします。
峠には数台停められる駐車スペースがあります。

早速まいりましょう。
登り始めは笹の丘です。道は整備されているので歩きやすいです。

積乱雲が、これから暑くなることを物語っているようです。

振り返ると素敵な景色。左側の白っぽい部分が峠入り口の駐車スペースです。

笹藪のあいだの芝生の道を下ってゆきます。

天城牧場への道を横切ります。
くぐるときにザックをぶつけないように気をつけましょう。

独特の植生がなんとなくファンタジックな伊豆山稜線歩道。

最初のピーク後藤山まで、しばらく階段歩きが続きます。

後藤山に到着です! 山というより通過点の風情ですね。

先へすすみます。
風に倒された木々が、倒れたまま根を伸ばして成長しているので、
斜めになっている木が多いのが特徴的です。

あっ、キイロイグチ先輩こんにちわ!

日陰はなんとか涼しさを保っています。

階段を登ってゆきます。階段比率が比較的高いコースです。

展望台へ到着しました。

時間が合えばお弁当ポイントに最適です。

あれっ? いままで何度か訪れたときには「猫越峠火口湖」となっていたのに、
「猫越岳山頂の池」に修正されています。

どうやら、猫越火山の火口はすでに侵食で失われていて、
要するにいままで火山湖って言ってたけど実は火山湖じゃなかったのゴメンナサイ!
という説明が書いてあります。

結構ありがたみを感じてみてきた人も多かったと思うので、
火口湖のまま押し通してもよかったんじゃないかと思う今日この頃です。

池の表面を覆いつくす植物。魚の類はいないようです。

高低差はさほどないコースなので、
のんびりと伊豆山稜線特有の植物を楽しみながら歩くのに最適です。

気温が上がってきました。日陰をむさぼりながら歩きます。

ジャン! 猫越岳山頂到着!

猫の額ほどの小さな山頂ですが、二等三角点があります。

猫越峠へ向けて歩をすすめます。
下手すると、おどろおどろしい雰囲気もある独自の植生です。

ひゅ~ ドロドロ ドロドロ(おばけの効果音)

ジャン! 猫越峠到着です!

天城峠までは10.9km、220分とあります。いつか縦走してみたいですね。
さて、ここで折り返して来た道を戻ります。

この感じ、夜に訪れたらホラーの世界です。面白い植生ですね。

あらためて写真で見ると、なんとも独特な世界が広がっています。

猫越岳へ戻ってきました。

マムシグサさんこんにちわ!

カエルさんこんにちわ!

まるで森の精霊をたたえているようです。

後藤山を越えると、整備された階段道が続きます。

仁科峠展望台より。だいぶ雲が上がってきました。ゴールまであとちょっとです。

おつかれさまでした!

それにしても猫越峠火山湖猫越岳山頂の池に格下げされていたのが
残念でなりません。

■参考タイム
【登り】1時間37分
仁科峠 →(27分)→ 後藤山 →(43分)→ 猫越岳 →(27分)→ 猫越峠
【下り】1時間19分
猫越峠 →(23分)→ 猫越岳 →(36分)→ 猫越岳 →(20分)→ 仁科峠
【トータル】2時間56分