浅間山(長野県・群馬県/2568m)
2013年4月13日(土)
ルート:浅間山荘~湯ノ平口~浅間山(前掛山)⇔ピストン

一昨年の秋、車坂峠から登った浅間山。今回は浅間山荘側から登ることにしました。

浅間山荘前に駐車場があります。一日500円です。
ちょっと離れたところに無料駐車場もあるようです。

登山口の横には水洗トイレも完備されています。
残念なことに関越で事故渋滞に巻き込まれてしまい、予定よりも随分と遅れて
9時31分出発となりました。

うひょー 赤いですよ川が。これが天狗温泉の、あの赤い色なんですね。

しばらくは雪はないです。のどかな山道を進んでいきます。

まずは一ノ鳥居に到着。9時58分です。
最近降ったと思われる雪が少しついています。

道が二手に分かれます。
不動の滝は帰りに立ち寄ることにして、行きは山側を歩くことにしました。

二ノ鳥居到着! 10時24分です。ここから少し長そうな坂が続きます。

笹が出てきました。一面笹は好き嫌いが分かれるところですが、
アクセント程度の笹は楽しいですね。

左にトーミの頭

右に牙山(ぎっぱやま)

その間に浅間山、景色が楽しすぎてキョロキョロしてしまいます。

このあたりは硫黄臭がします。大涌谷を思い出しますね。

よやく火山館到着! 11時20分です。
腹が減っては登山ができぬ、のでここでランチタイム。

出足が遅れたので、気持ち早めにランチを済ませて出発します。

火山館裏手にある浅間神社にご挨拶。11時41分出発です。

火山館から先はずっと雪が残っています。
微妙に緩んでいて、決して歩きやすい状態ではありません。

湯ノ平口。この状況で、草すべりへ挑む人はあまりいないと思います。

前掛山登山口。12時10分。
無雪期に、Jバンドからグルリと黒斑山まで縦走してみたいですね。

浅間山の雄姿。案外と雪が残っています。

賽の河原をひたすら登ります。アイゼンをつけている人もいます。

ようやく立入禁止告示板にたどり着きました。13時13分。
行く手に前掛山が見えますね。

シェルター到着。ここで小休止します。小休止ついでにアイゼン装着。
これが裏目に出るハメになるとは思いませんでした。

13時32分。前掛山に向かいます。

実は今回、新しい靴で登る2度目の登山。アイゼンは未着。
筆者のアイゼンはバンド式のため、もしかしたら締め付けで
靴擦れになっちゃうかもと思った予感が歩き始めから的中。

足をピョコピョコする筆者。たまらずアイゼンを付け直します。

雪に描かれた笑顔にほっこりするゆとりもない状況です。

そうはいいつつ、浅間山山頂到着! 13時57分。

振り返ってみたり、

記念手形の写真をとったり、うろついてみたりして山頂を踏みしめます。

14時16分、シェルターまで戻りました。頭文字K! のポーズを決める筆者。

このとき、太ももの内側の筋肉が破断寸前になるほどの開脚をしたのに、
(※その証拠にストック無しでは身体を支えることができない)
写真で見ると、そのあまりの身体の硬さに改めて愕然とする筆者。

登りの時にあった雪がもう溶けています。
そんなことより、アイゼンの締め付けによる靴擦れが、
ブリッとイッちゃった感覚を覚えたので、たまらずアイゼンを外します。

心頭滅却すれば靴擦れもまた涼し!
心頭滅却しながら、下りを進みます。まだ道程結構残ってますよ!

前掛山登山口。14時46分。滅却滅却!

湯ノ平口。13時59分。ここでジュースを飲みます。滅却滅却!

あらっ、火山館裏にあった雪も全部溶けてます。

あらっ、心頭滅却しすぎて、気がついたら不動滝についてました。
虹が出ていてキレイです。

一ノ鳥居に着くころには16時を過ぎていました。16時04分。

登山口到着! 16時25分。お疲れさまでした!

ここで滅却終了!

うわぁーん お母さぁーん