哲学堂公園の近くを通るたびに、「あぁ、あれ哲学堂公園の塔だよね」とウソぶきつづけて十数年。

実はあの塔、哲学堂公園の塔ではなくて、近くの「水の塔公園」の塔だということに気づいたのが二年前。

で、ようやく実際に現地に足を運んでみました。

ジャン! まさしく十数年間、哲学堂公園の塔だと信じて疑わなかった、
水の塔公園の水の塔。正確には「野方配水塔」というそうです。

みずのとう公園の案内図。
水の塔の大きさから見て取れるとおり、公園はわりと小ぶりですよ。

塔を除けば、ごく普通の公園の設備となっています。

ベンチもあるので、近所の人がのんびりとお昼を食べる光景が目に浮かんでも不思議ではありません。ただ、近くに哲学堂公園があるので、どうせならそっちでお昼を食べるほうがいいかもしれませんね。

いずれにしても長年の疑問を肉眼で解決できたのでよかったです!