そうだ、イワナガヒメに挨拶しにいこう。と思い立って権現岳に登ってきました。

権現岳(八ヶ岳)
2016年9月25日(日)
ルート:天女山駐車場 〜 ▲三ツ頭 〜 ▲権現岳 ⇔ピストン

権現岳

天女山の駐車場です。思ったより空いています。
まぁ、何度か来てますが、混んでたことはないですけどね。

ここから15分ほどで、天の河原という見晴らしのよい場所に登れます。
そこまでだけ、登る人もいるようです。

あとは徒歩1分で天女山の山頂なので、ヒールでくる女性もいるようです。

ただ、山頂に売店などがあるわけでもなく、
わざわざ観光目当てで訪れるほどの場所でもないので、
ご覧の感じの好き具合というところです。

権現岳

こちらが、「天の河原」からの眺望です。

今日は富士山がよく見えて、実に素晴しい景色ですね。
秋から冬にかけて、好天率が高まってくるので、山歩きには楽しい季節の到来です。
特に冬景色は、他に代え難いものがありますね。

権現岳

1時間ほどなだらかな道をすすむと、笹道の急登になります。

笹嫌いの向きにはチョイとうるさいですが、上がる心拍数が気を紛らわせてくれます。

権現岳

こちらは、前三ツ頭からの振り返り。

今日は、いいですね、眺め。

権現岳

そしてこちらは、三ツ頭からの左権現、右赤岳。

真ん中の雲に隠れているのは、真ん中だけど横岳です。

権現岳

そして左手には丸い山容が素敵な編笠岳。来週登る予定です。

権現岳

三ツ頭越しの富士。

まるで、兄弟のようですね。そう、イワナガヒメとコノハナサクヤヒメのように。

権現岳

権現岳の山頂を象徴する2つに割れた岩。

八雷神(ヤクサノイカヅチノカミ)に雷鎚を落とされたとの言い伝えがあるようです。

権現岳

こちらが、イワナガヒメが祀られた祠。

山頂の直前に祀られています。奥に見えるのは主峰赤岳です。
が、真の主峰はこの権現岳であるといっても過言ではないでしょう。

ちなみにイワナガヒメは富士山でお馴染みコノハナサクヤヒメの姉です。

権現岳

そんなイワナガヒメは、妹のコノハナサクヤヒメが祀られている富士を常に見つめています。

もしかすると、お互いに見つめ合っているのかもしれません。

権現岳

そんな権現岳の山頂で、敬礼っ! キメッ(ダッシュ勝平風に)