眺めてよし、登ってよしの浅間山。この時期スタンダードな浅間山荘から前掛山のピストンです。

浅間山(長野県・群馬県)
2014年3月22日(土)
ルート:浅間山荘~一の鳥居~二の鳥居~火山館~湯の平口~前掛山登山口~前掛山山頂 ⇔ピストン

眺めてよし、登ってよしの浅間山。
富士山は、眺めてよし、登ってはあくまで個人の感想です。

そんな浅間山に、浅間山荘側から登ってきました。

天狗温泉 浅間山荘

登山口にある浅間山荘の駐車場。一日500円です。
少し離れたところに無料駐車場もあります。

浅間山荘 登山道

登山口には鳥居があります。手前の右側はトイレですが、冬期は使えません。

浅間山登山道

さて、参りますよ!

浅間山登山道

歩き始めからすぐに、合計3本の橋がかけられています。

浅間山登山道

橋から川を覗くと、うひょ、赤鉄色ですよ。
天狗温泉はまさに、この色の温泉です。

浅間山登山道

気温マイナス.7℃

気温はマイナス3.7℃。日中にはグンと気温が上がる予報です。

浅間山登山道

ところどころ、カッチカチに凍っています。まだアイゼンは着けていません。

浅間山登山道

今日は青空が素晴らしいですよ。まさにピーカン!

浅間山登山道

ところどころパウダースノー。さらさらの雪はかき氷にしてもおいしそうです。

浅間山 一の鳥居

一の鳥居到着!
鳥居直前のトラバースがちょっぴり危なかったので、
ここ一の鳥居でアイゼンを装着します。

浅間山登山道

次は二の鳥居を目指します。
不動滝を通るルートと山側のルートがありますが、行きは山側、
帰りは不動滝側を通るルートをチョイスすることにしました。

浅間山登山道

牙山(ぎっぱやま)が顔をのぞかせました。登山道は無いので、基本見るだけの山です。

浅間山登山道

案外、急斜面もありますよ。アイゼンを着けておいてよかったです。

浅間山 二の鳥居

そして二の鳥居到着!
不動滝からのルートと合流します。

浅間山登山道

火山館目指してまいりますよ!

浅間山登山道

浅間山荘からちょうど3/4の地点までやってまいりました。

浅間山登山道

ここから先、素晴らしい景色が広がりっぱなしの素敵な歩路です。

浅間山登山道

積雪期ならではのまぶしい景色を楽しみながら、のんびりとすすみます。

浅間山登山道

やっほーい!
客観的に写真で見ると俺っておっさん?と改めて認識する筆者。心は錦です。

浅間山 カモシカ平

カモシカ平。ゴミを持ち帰るあなたが好きです。
というか、山にゴミを捨てて帰る神経の持ち主は、山に登らないでください。
いやむしろ山に登らないだけでなく、今すぐお星さまになってください。

浅間山登山道

先行者の方をとらえました。それにしても今日は天気がいい!

浅間山登山道

うひょひょ! 浅間山が頭をのぞかせましたよ!

浅間山登山道

そして振り返るとこの景色。

浅間山 火山館

火山館到着! 賑わっていますね。
前回はここでランチタイムでしたが、今回はスルーします。

浅間山登山道

煙突からあたたかそうな煙が昇っています。

そういえば齢65歳以上のシルバー世代の方が、ウッドデッキにアイゼンのまま踏み込み、
さらにトイレもそのまま入っていき、管理人に怒られていました。

将来、マナーを守れない年寄りにはならないように注意したいですね。

浅間山登山道

火山館から湯ノ平口を目指します。
そういえば浅間神社をスルーしてしまいました。帰りにお参りしましょう。

浅間山外輪山

浅間山外輪山に見下されながら、あるいは見上げながらのルートはテンション上がります。

草すべりを登ってJバンドから下りてくる外輪山周遊も楽しそう!
あわよくば、前掛山はやめて、そっちに回っちゃおうかしら。
そんな思いがムクムクと膨らんできます。

浅間山 湯ノ平口

湯ノ平口到着!

草すべり方面は一切トレースなし。しかも雪が深い!

草すべりを登ってJバンドから下りてくる外輪山周遊も楽しそう!
そんな思いはプシューッと音を立ててしぼんでしまいました。

浅間山登山道

ちなみにこちらは去年4月の湯ノ平口。
ここまで雪が掃けていても、草すべりは登れる状況ではありませんでした。
要するに今日の状況では、とても登れたものではありません。

浅間山登山道

ということで、心置きなく浅間山(前掛山)を目指すことができますよ!

浅間山登山道

樹林帯に入っていきます。

浅間山登山道

樹林帯から抜けそうです。

浅間山 前掛山登山口

うぉっ! ここが前掛山登山口、Jバンドの入り口です。
誰かが案内板を掘り起こさなければ、そもそも分岐と気づくこともなかったでしょう。
こりゃ当然登れません。今年は雪が深いですね。

浅間山登山道

こんもりと丸い、なでなでしたくなるような浅間山が顔をのぞかせます。

浅間山登山道

そして外輪山も美しいですね。目を凝らすと、稜線上に白い木々が見えて楽しいです。

浅間山登山道

このあたりから浅間山の稜線目指して登りますよ。
みなさんが登っているのは通常のルートとは違って、
立入禁止の標識と前掛山の中間地点に出そうな直登ルートです。

米粒のような人の影が、点々と稜線を目指しています。

浅間山登山道

後ろを振り返ります。胸のすくような景色が広がります。

浅間山登山道

稜線の頂が見えているのに、なかなかすぐには辿り着きませんね。

浅間山登山道

この辺りで唯一といってもよい植物です。環境の苛酷さを物語っています。

浅間山登山道

登っている斜度がどのくらいか、横から撮ってみました。
写真でみると大したことありませんが(笑、実際に登るとかなりの角度です。

浅間山登山道

まっすぐ登るとアキレス腱が伸びきってしまうので、
斜めに刻みながら登っていきます。

浅間山登山道

振り返って写真を撮ります。なかなか斜度感が写真には写りませんね。

浅間山登山道

稜線に出ました! こちらは前掛山方面です。

浅間山登山道

反対側のシェルターがある方面です。ちょうど中間地点あたりに登ってきたようです。
この季節ならではのルート取りですね。

浅間山登山道

剣ヶ峰から牙山、黒斑山。上から見ると、樹林帯が黒々としています。

浅間山登山道

稜線上は風が吹き抜けています。顔面が東証一部上場しそうです。

浅間山(前掛山)山頂で敬礼!

浅間山(前掛山)到着! 敬礼っ!

山頂標識は雪で隠れてしまって見えません。

浅間山登山道

お約束の手形に手をあわせて記念撮影。

浅間山登山道

大!

浅間山登山道

さて、風が強いので山頂はそこそこに、下山開始!

浅間山登山道

一気に下りますよ!

浅間山登山道

そして下まで下りてきました。このあたり一帯が、湯ノ平高原です。

浅間山登山道

振り返って、心の中で手を振ります。また来るよ!

浅間山登山道

そういえばまだ、お昼ごはんを食べていませんでした。

浅間山登山道

溶けた樹氷がツララになって、クリスマスツリーの飾りのようです。

浅間山パストラミサンド

ランチターイム! まるで信号機のようなマフィンサンド。
左からタマゴ、パストラミ、バジルポテトです。

気温が上がっているので、のんびりとごはんを楽しむ余裕があります。

浅間山登山道

さて、出発します。

浅間山登山道

気温が上がり雪が緩んで、やや歩きにくいです。春の雪山ではよくある話です。

浅間山登山道

浅間山登山道

火山館が見えました。

浅間山 浅間神社

登りでスルーしてしまった浅間神社。 無事を感謝して参拝します。

浅間山登山道

鳥居をくぐります。火山館は小休止のポイントなので、いつも賑わっていますね。

浅間山登山道

素晴らしい景色にシャッターを切ります。

浅間山登山道

浅間山登山道

浅間山荘まであと3.0Km。

浅間山 二ノ鳥居

二ノ鳥居到着!
ここでルートが2つに分かれます。帰りは不動滝のルートをとります。

浅間山登山道

これが不動滝! 写真で見るとショボイですが、なかなか趣のある滝ですよ!

浅間山 一ノ鳥居

一ノ鳥居到着!
鳥居の正面に伸びる影が素敵。

浅間山登山道

陽が傾いてくると、影が楽しめていいですね。

浅間山登山道

橋を渡ると、ゴールが近い合図です。

浅間山登山道

と思ってアイゼンを外したら、ちょっと早かったですね外すの。

浅間山 浅間山荘登山口

浅間山荘到着! おつかれさまでした!

■参考タイム(※食事休憩のぞく)
【登り】3時間47分
浅間山荘 →(38分)→ 一の鳥居 →(32分)→ 二の鳥居 →(1時間)→ 火山館 →(29分)→ 前掛山登山口 →(1時間8分)→ 浅間山(前掛山)山頂
【下り】2時間16分
浅間山(前掛山)山頂 →(35分)→ 前掛山登山口 →(23分)→ 火山館 →(32分)→ 二の鳥居 →(20分)→ 一の鳥居 →(26分)→ 浅間山荘
【トータル】6時間3分